HOME > 外装リフォームTOP > 外壁リフォームTOP > 施工事例・リフォーム作業の流れ

「外壁リフォームの作業工程(リフォーム作業の流れ)、施工実例」お客様に適した外壁のリフォームをご提案

リフォーム作業の流れ

外壁サイディングの施工例をご紹介します。

水切板金施工を行います。 雨水を防いで、湿気を逃がす透湿防水紙を施工します。
水切板金施工を行います。   雨水を防いで、湿気を逃がす透湿防水紙を施工します。
     
外壁と躯体の間の通気層確保の為、たて桟(胴縁)施工を行います。 外壁仕上げ材を胴縁に留め付けます。
外壁と躯体の間の通気層確保の為、たて桟(胴縁)施工を行います。   外壁仕上げ材を胴縁に留め付けます。
     
サイディング継目部分・開口部廻りシール材充填を行います。 外壁サイディング工事完了です。
サイディング継目部分・開口部廻りシール材充填を行います。   外壁サイディング工事完了です。

施工事例

外壁重ね張り工事

川崎市多摩区 F様邸 2012年10月

既存モルタル壁の上から、窯業系サイディングを取り付けるカバー工法の外壁リフォーム工事を施工させていただきました。カバー工法は、既存外壁材の撤去処分費がかからないためコストを抑えることができ、工期が短くて済むなどのメリットがあります。各写真で工程を説明していますので、ぜひご覧になって下さい。(担当:水村)

(施工前)   (施工前) (胴縁補強)
(施工前)
既存はモルタル壁です。
  (施工前)
調査の結果、下地の強度が確認できましたので、モルタルを剥がさずに既存の壁に胴縁を取り付け、その上からサイディングを施工するカバー工法を採用しました。
  (胴縁補強)
胴縁は柱・間柱を探しながら65mmのビスで固定します。
(胴縁補強) (窓廻り見切) (サイディング張り)
(胴縁補強)
既存モルタル壁の不陸(平らになっていない所)を、胴縁の下にパッキンを入れ調整します。
  (窓廻り見切)
サッシよりもサイディング面が前に出てきてしまう所には、見切縁を取付ます。
  (サイディング張り)
胴縁に金具を取り付け、サイディング本体を留め付けます。
(サイディング張り) (施工後)   (施工後)
(サイディング張り)
胴縁を施工する際、不陸調整を行うことで、サイディング本体の施工性も良く、綺麗に仕上がります。
  (施工後)
足場解体後
  (施工後)
今回の仕上げ材は窯業系サイディングです。とても高級感のある仕上がりになりました。

工事期間:16日

営業工事担当:水村悟

サイディング張り替え工事(通気胴縁施工)

東京都練馬区 K商店店舗改修工事

サイディング張り替え工事通気胴縁施工

営業工事担当:峯岸政夫

外壁塗装工事

横浜市都筑区 T様邸

横浜市都筑区 T様邸

営業工事担当:伊藤謙一

ROOGAショップそと・リフォショップ横浜青葉Facebookページ

Copyright © そと・リフォショップ横浜青葉. All Rights Reserved.