HOME > 外装リフォームTOP > 屋根リフォームTOP > リフォームの種類

「屋根のリフォームの種類を説明」お客様に適した屋根のリフォームをご提案

屋根のリフォームの種類

「葺き替え」 葺替工事

築年数が10年以上経過もしくは雨漏りを起こしている場合には、下地の交換や補修を含めて葺き替えをお勧めいたします。葺き替えとは、既存の屋根材全てを撤去後、新しい野地板を重ね張り補強した上で、新たに屋根材を葺く工法です。既存屋根材撤去処分費等がかかり、工事コストが大きくなりますが、この先のお住まいの耐久性が向上するもので、長期的に考えればランニングコストが抑えられて経済的に優れたリフォームと言えるでしょう。

「葺き替え」 葺替工事

「重ね葺き」カバー工法

既存の屋根材の種類にもよりますが、例えばコロニアルの場合には屋根材を撤去せずに、その上に金属瓦などの軽量瓦を重ね葺きする工法です。既存屋根材の撤去処分費がかからないのでコストを抑えることができたり、葺き替えに比べて工期が短くて済むなどのメリットがありますが、軒先にリフォーム用部材を使用しないと雨水が軒どいに入らないなど考慮すべき点があります。

「重ね葺き」カバー工法

「塗り替え」 塗装工事

塗り替えは手軽で経済的な屋根リフォームの方法です。塗装が出来る屋根材で、屋根材の表面も下地材もあまり傷んでいない場合に採用します。塗り替えできる屋根材は、セメント瓦、化粧スレート、金属系屋根などです。
屋根塗装は、表面を水洗いした後に塗装をしますが、あくまでも表面のことです。屋根塗装で雨漏りを止めたり防水性能を上げることはできません。塗装前には点検を行ない、下地の状態を確認することが大切です。

「塗り替え」 塗装工事

補修工事

補修工事とは、塗り替えや葺き替えまでに至らない小さな工事のことです。傷んだ箇所のみを補修するので、費用が抑えられます。
具体的には、屋根材のズレや浮き、割れた部分を交換して直したり、屋根材の留め付けを強くしたりします。また、棟板金の一部を外して交換する工事、瓦の接合部の漆喰やモルタルがくずれ、下の土が見えている場合も補修工事となります。

補修工事

熱シャット工法

日差しが強い夏場は屋根裏の温度が上がり、その下にある部屋が非常に暑くなります。「快適! 熱シャット工法」は、屋根面に通気層と遮熱シートを設けて太陽熱を遮るとともに、通気層や屋根裏にたまった熱気なども効果的に排出する工法。屋根裏の温度を低下させる効果が期待できます。当社で実験を行ったところ、通常工法の屋根に比べて屋根裏温度が約10℃低く保てるという結果が得られました。

熱シャット工法

ROOGAショップそと・リフォショップ横浜青葉Facebookページ

Copyright © そと・リフォショップ横浜青葉. All Rights Reserved.