HOME > 外装リフォームTOP > 屋根リフォームTOP > 屋根材の種類と選び方

「屋根材の種類を説明」お客様に適した屋根のリフォームをご提案

屋根材の種類と選び方

軽量の屋根にした方が良いの?

平成7年に起きた阪神・淡路大震災で、木造家屋が倒壊した原因のひとつは重い屋根瓦だったと言われています。地震時に加わるエネルギーの大きさは建物の重さに比例しますので、建物が軽いほど地震の影響を軽減させることができます。建物を軽くする手法のひとつとして「屋根を軽くする」ことがあげられます。

しかし、台風などでは、屋根瓦の重さも建物を守るうえで効果的です。一概に重い屋根瓦が悪いわけではありませんが、屋根材の選択は、他の部位の耐震補強リフォームとバランスをとることが大切です。

軽くて強い屋根材

屋根の耐震リフォームでは屋根を軽くすることが、地震に対して有効な選択肢のひとつになっています。では軽くて強い屋根材にはどのようなものがあるのでしょうか。

軽量厚型スレート瓦 化粧スレート瓦 金属瓦 シングル瓦
軽量屋根
ROOGA雅・鉄平 化粧スレート瓦 金属瓦 シングル瓦
ROOGA雅(写真上)
ROOGA鉄平(写真下)
コロニアルクァッド、スペリアル、セイバリー等 横暖ルーフ、ガルテクト、スタンビー等 オークリッジプロ
新素材の軽量コンクリートを使用することで、従来の粘土瓦がもつ重厚感や意匠性をそのままに軽量化を実現した屋根材です。 セメントと繊維でつくられている厚さ約5mmの薄くて軽い屋根材です。 ガルバリウム鋼板、ステンレス板、銅板など金属を使った屋根材で、瓦の形をしたもの、平葺きと呼ばれる長い板状のものがあります。 高耐久ファイバーグラスマットを芯材とし、天然石チップを塗布した軽い屋根材です。加工しやすく複雑な屋根形状に適応できるなどの特徴をもっています。

屋根の軽量化にどの素材を選ぶかは、もちろんその耐震効果や耐久性の視点で見ることは大切ですが、建物全体の美観や調和も考えて選択しましょう。

重厚感のある屋根材

粘土瓦
粘土瓦平形(F) 粘土瓦波形 粘土瓦S形 粘土瓦和形(J)
平形(F) 波形(F) S形 和形(J)
「F形」のFは、平面を意味するフラットに由来します。Fの名の通りJ形瓦の基本である山と谷の凹凸をなくした平板状のデザインが特色で、その平面形状を活かして凹凸や波形をあしらった洗練されたデザインの瓦です。 「S形」は、西洋建築とともに移入されたデザインで、S形の生み出す凹凸感はJ形とは異なり、洋風感覚あふれる屋根に葺きあがります。 「J形」は、伝統的な和瓦の系譜を受け継ぐデザインです。屋根の周囲を装飾する棟や軒の多彩な役物瓦が特徴です。

ROOGAショップそと・リフォショップ横浜青葉Facebookページ

Copyright © そと・リフォショップ横浜青葉. All Rights Reserved.