HOME > 外装リフォームTOP > 防水リフォームTOP

「防水リフォーム」お客様に適した防水リフォームをご提案いたします

防水リフォーム

漏水が進むと建物は大きなダメージを受けます

天井や壁がひどく汚れていたりカビが生えたりしていませんか?

このような現象は建物にとっての危険信号です。「雨漏り」が原因になっていないか調べてみましょう。雨漏りは家具や家財に損害を与えるだけではなく、建物の構造に悪影響を及ぼす場合があります。ベランダやひさしといった場所での漏水であっても放置するのは大変危険です。

雨漏りを見つけたら早急な対策をとりましょう。

定期的な診断と早めの改修工事が建物の資産価値を守ります

雨・雪・風・日射を遮り、暑さ・寒さから私たちを守るのが「建物」です。

この建物のなかでもっとも自然の影響を受けるのが、屋上の「防水層」です。防水層は時間の経過とともに劣化していきます。私たちが定期的に健康診断を行うように、建物にも現状の的確な姿を捉える定期診断が不可欠です。早期に不具合を発見し素早く対処することは安全な居住空間の維持につながります。また、大切な資産を確実に守ることにもなるのです。

「防水性能」に優れ、「省エネ効果」が高く、「環境負荷が少ない」防水工法の選択が重要です

防水改修工事で大切に考えていただきたいのが「防水性能」と「断熱性能」です。

防水性能が高く耐候性に優れている材料を使用すれば、次回以降の防水改修工事の回数を減らすことが可能となり、建物の維持管理コストの削減につながります。

また、改修防水層とセットになった外断熱工法を採用することにより、省エネ効果が高まり光熱費の削減・内部結露予防といった効果が期待できます。

また、屋上の構造体が受ける温度変化が少なくなりますので建物の保護効果が高まります。

主な防水工法の特徴と性能比較

単に防水工法といっても、その種類や目的は様々です。

防水には大きく分けて3つの工法があります。アスファルト防水・シート防水・塗膜防水です。アスファルト防水は、アスファルトを含浸したルーフィングを加熱溶融したアスファルトで数枚積層して防水層とします。耐荷重性、水密性に優れ、耐用年数が長いのが特長です。

シート防水は塩ビ樹脂やゴム系の高分子材料をシート状にしたものを貼り付け防水層とします。

  アスファルト防水 シート防水 塗膜防水
種類 アスファルト防水 塩ビシート防水 ゴムシート防水 ウレタン
塗膜防水
FRP防水
シート防水 塗膜防水
厚さ 5~10mm 1.5~2.5mm 1.2~2.0mm 3mm~ 3mm~
標準耐用年数
※1
露出13~15年
押え17~20年
※2
13~15年 10~13年
特徴 最も信頼性が高く、実績も1番多い工法。溶融したアスファルトとルーフィングを積層し厚みのある防水皮膜を作りあげることで耐用年数が長く、耐久性・水密性・耐荷重性に優れている。 耐摩擦性があり、露出防水の歩行用として用いられることがある。 軽量で柔軟性を有しているためS造など露出非歩行用に用いられる。 施工時は液状なので、狭い場所や設備基礎回りなどの施工がやりやすい。硬化後は弾性がある。 繊維強化プラスチックを素材とした防水工法。表面が硬く強靭で、プールや浴室などにも使われる。
※1 建設省総合技術開発プロジェクト(昭和55~59年)及び東西アスファルト事業共同組合、田島ルーフィング(株)の研究データ・実績により想定した耐用年数。
※2 東西アスファルト事業協同組合仕様の標準耐用年数。

施工事例

ウレタン防水工事

横浜市港南区 マンション

床シート既存   シート乾燥   シートの中シンナー清掃中
シートボンド接着中   清掃中   床 プライマー塗布
立上り 1回目塗布   立上り ウレタン2回目塗布   立上り 仕上げ
床 ウレタン1回目塗布   床 ウレタン2回目塗布   床 仕上げ
       
完成        

工事期間:1週間

営業工事担当:島田勝

ウレタン防水工事

横浜市青葉区 O様邸

ウレタン防水工事

工事期間:2日

営業工事担当:島田勝

ウレタン防水工事

横浜市青葉区 マンション

ウレタン防水工事

工事期間:1週間

営業工事担当:島田勝

ROOGAショップそと・リフォショップ横浜青葉Facebookページ

Copyright © そと・リフォショップ横浜青葉. All Rights Reserved.