HOME > ecoなリフォーム > 熱シャット工法

「熱シャット工法」ECOリフォーム

熱シャット工法

屋根で熱をさえぎると、室内はもっと快適になります

通常工法の屋根に比べて屋根裏温度が約10℃低く保つことができました。(ケイミュー(株)実験結果)

光熱費削減!新築にもリフォームにもおすすめです。

「快適!熱シャット工法」の屋根裏 温度提言効果イメージ図

熱シャット工法夏場の屋根裏は温度が上がり、その下にある部屋が非常に暑くなります。「快適 !熱シャット工法」は、屋根面に通気層と遮熱シートを設けて太陽熱をさえぎるとともに、通気層や屋根裏にたまった熱気なども効果的に排出する工法です。

 

 

熱シャット工法

ニ重野地板構造で通り抜け

【1】ニ重野地板構造で通り抜け

上下の野地板を二重にし、空気の通り道を設け、熱気や湿気を排出します。

遮熱シートで反射

【2】遮熱シートで反射

輻射熱を反射させることで、遮熱効果を発揮します。

 

軒先換気口から空気を取込

【3】軒先換気口から空気を取込

軒先に換気口を設け、常に新鮮な外気が取り込まれることで、遮熱効果がいっそう高まります。

換気棟から外部へ排出

【4】換気棟から外部へ排出

空気の通り道を設け、熱気や湿気を排出します。

ROOGAショップそと・リフォショップ横浜青葉Facebookページ

Copyright © そと・リフォショップ横浜青葉. All Rights Reserved.